中古着物で存在感ある活用法とは?

着物の新たな楽しみ方を知ることができるリメイクの魅力

中古着物の活用法としては、買取やリメイクが挙げられます。リメイクは、着物を新たな形で楽しめる、存在感ある活用法として、注目を集めています。大事な思い出の詰まった着物は、着る機会がなくなっても、自分の身近に置いておきたいと考える人が多いようです。自分の生活スタイルに合う形で着物地を生かせるのが、リメイクならではの魅力です。
最近では、着物のリメイクを専門に手掛ける業者も増えています。実店舗のほか、ネットショップを運営しているところもあるので、自宅の近くにお店がない人でも、気軽に利用できます。どんな物にリメイクして欲しいかを決めたら、宅配便を利用して業者に着物地を送り、あとは、自宅にリメイク品が宅配便で届くのを待つだけです。

着物リメイクでできる物はこんなに幅広い!

中古着物のリメイクでは、服や服飾雑貨、インテリア雑貨など色んな物に着物を変身させることができます。雑貨類では、バッグやペンケースといった実用性の高い物を作れます。京都や奈良、鎌倉の和雑貨のお店に並んでいるような、趣のある素敵な和雑貨にお気に入りの着物をリメイクしてみませんか。
雑貨類にリメイクする際には、着物地のなかでも特に柄が華やかな部分を選んで作るようにすると、仕上がりが美しくなります。いくつかの着物地を組み合わせて雑貨類を作るのもおしゃれです。
着る機会がなくなった着物は、手放す決断ができるものは買い取ってもらい、身近に置いておきたいものは素敵にリメイクをして、上手に活用するようにして下さいね。