オシャレアイテムに大変身?!中古着物活用術!

中古着物を活用するならリメイク

タンスや押入れの中でそのままになっている中古着物があれば、リメイクをしてみましょう。愛着があるけど着れなくなってしまった着物が、おしゃれなアイテムに生まれ変わります。収納するためのスペースを減らすことができるのもメリットです。自分のライフスタイルに合ったものに変身させると、それだけ使う機会も増えます。
優しいさらりとした肌触りの着物の生地は、多くの利用法があるのが魅力です。柄がシンプルな場合はドレスやワンピースにして、フォーマルな場でも着こなすことが可能です。傘やバッグなどの利用する機会が多いものにリメイクできることも魅力となっています。長年受け継いできた着物がある場合は、処分するよりもリメイクを検討しましょう。

どうやって着物をリメイクすればいいか

中古着物はリメイクによって大きいものはタスペトリーや服、小さいものならペンケースやポーチなどを作ることが可能です。インターネットなどでリメイク法が紹介されているので、自分で作ることもできます。手芸本などは切るだけですぐに使用できる型紙があるので、活用しましょう。
自分でリメイクする自身がないという方も、専門業者があるので安心です。全国から依頼できるネットショップなどもあるので、近くに店舗がない場合も気軽に利用してみましょう。まずは使う機会がなくなった着物の柄を確認して、どんなものにリメイクすればいいか考えてみることをおすすめします。分からないことがあれば、リメイクをしている店舗に相談してみましょう。